土山茶とは

土山茶とは

土山茶の特徴は、冬の休眠期間が長く分厚い葉肉で味、香りが濃く、煎が効く=同じ茶葉で一煎二煎と飲んでもおいしく飲めるというお茶です。

土山のお茶は、南北朝時代文和5年(1356年)、甲賀市土山町南土山常明寺の僧鈍翁(どんのう)が京都の大徳寺から茶の実を持ち帰って寺で栽培したのが起源と伝えられていますが、広く生産販売がされるようになるのは江戸時代になってからでした。

いち早く先進の製茶技術をとりいれ、街道筋では名物のひとつとして販売されていました。
また、お茶の栽培に適した気候と土壌であったことから、開国から明治期にかけてお茶が輸出産物となるなかでその生産量は飛躍的に拡大し、現在でも近江茶の一大産地として甲賀市の主要産物となっています。

日本茶の効能

お茶つくりイメージ
  • 発がん抑制作用
  • 動脈硬化・成人病予防
  • 老化防止
  • 緑茶でうがい、虫歯・口臭予防
  • 食中毒の予防
  • 糖尿病予防
  • インフルエンザ感染予防
  • 記憶力や判断力が高まる
  • カート
  • ログイン
  • ページトップ